私たちについて of Nishitani

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


西谷で感じて、西谷でつくる

HOME > 私たちについて

IMG_0043.JPG


2012,5個展会 005(修整1).jpg

「西谷でつくる会」について

つくる喜びの集結

西谷とよばれる宝塚市北部の里山に囲まれた土地では、あちらで、こちらで創作活動がおこなわれています。今まで、お互いを知ることもなく過ごしてきた者が連絡をとって集まったのが2011年の秋でした。
それぞれの仕事におどろき、目をみはり、つくる喜びでつながりました。2012年4月、第1回『西谷でつくる展』をひらき、11人で発足した「西谷でつくる会」も会員が15人になりました。励ましあい、刺激しあってそれぞれの作品世界を充実したものにしていく会です。

IMG_0042(修整1).JPG

my marga(修整1).jpg

IMG_7066(修整1)(修整1).JPG

IMG_0031(修整1).JPG

R1721422(修整1)(修整1).JPG

わたしたちの願い

旧石器時代の洞窟に描かれた絵画からも人は表現活動を行ってきたことがわかります。それは祈りの意味も含まれていたかもしれませんが、描きたいという根源的な欲求だったのではないかと思われます。現代においても表現をしたいという人間の欲求に変わりはありません。西谷の地で今を生き、創作活動をつづけている私たちも、遠くアルタミラやラスコーに壁画を描いた人につながっています。
さて、その欲求にしたがって生まれた私たちの作品ですが、今まで西谷の地で発表の場に恵まれてはいませんでした。西谷には宝塚市立地域利用施設西谷会館の中にすばらしい展示ギャラリーがあります。2012年4月に第1回「西谷でつくる展」をこの展示ギャラリーで開くことができました。6日間の会期中300人を超える方が来館し、地域の方の大きな励ましをいただきました。その励ましを力として精進を重ねる私たちでありますが、2012年8月より、発表の機会を西谷会館展示ギャラリーで定期的に持つことができるようになりました。
古民家の蔵を使ったすばらしいこの展示空間が大事にされながら、開かれたギャラリーになることを願っています。西谷でうまれた手づくりの品々、こどもから高齢者までのつくる喜びにあふれた作品をここで見ることができたらと思っています。西谷の外からの作家の作品も発表して、西谷会館の展示ギャラリーから、アートを発信していき、宝塚の文化に寄与することがわたしたちの願いです。


ふるさとの
萌え出づる草木にけぶる山
色鮮やかな花々に長閑な田畑
碧く碧く澄みわたった空

西谷で感じて
西谷でつくる


第一回「西谷でつくる」展より     詩・仲清人


conv0413(修整1).JPG